養老町の歴史文化資源の発見・普及を目指して設立した当ホームページは、「私たちが暮らす養老町への関心を喚起すること」を目的に運営しています。




最新ニュース

Category
いきもの (130)
まちのうわさ (35)
周知 (437)
歴史 (27)
神様 (24)
祭り (48)
考古学 (44)
風景 (175)
養老ナビ (56)
養老町の人々 (79)
最新記事
山口俊郎先生の37回忌法要。
昔の教科書を展示しています。
岐阜県文楽・能大会なかつ川2017に、室原文楽が出演しました。
Archives
2017年12月の記事
2017年11月の記事
2017年10月の記事
2017年9月の記事
2017年8月の記事
2017年7月の記事
2017年5月の記事
2017年4月の記事
2017年2月の記事
2017年1月の記事
2016年12月の記事
2016年11月の記事
2016年10月の記事
2016年9月の記事
2016年8月の記事
2016年7月の記事
2016年6月の記事
2016年5月の記事
2015年10月の記事
2015年9月の記事
2015年8月の記事
2015年7月の記事
2015年6月の記事
2015年5月の記事
2015年4月の記事
2014年12月の記事
2014年10月の記事
2014年9月の記事
2014年8月の記事
2014年7月の記事
2014年6月の記事
2014年5月の記事
2014年4月の記事
2014年3月の記事
2014年2月の記事
2014年1月の記事
2013年12月の記事
2013年11月の記事
2013年10月の記事
2013年9月の記事
2013年8月の記事
2013年7月の記事
2013年6月の記事
2013年5月の記事
2013年4月の記事
2013年3月の記事
2013年2月の記事
2013年1月の記事
2012年12月の記事
2012年11月の記事
2012年10月の記事
2012年9月の記事
2012年8月の記事
2012年7月の記事
2012年6月の記事
2012年5月の記事
2012年4月の記事
2012年3月の記事
2012年2月の記事
2012年1月の記事
2011年12月の記事
2011年11月の記事
2011年10月の記事
2011年9月の記事
2011年8月の記事
2011年7月の記事
2011年6月の記事
2011年5月の記事
2011年4月の記事
2011年3月の記事
2011年2月の記事
2011年1月の記事
2010年12月の記事
2010年11月の記事
2010年10月の記事
2010年9月の記事
2010年8月の記事
2010年7月の記事
2010年6月の記事
2010年5月の記事
2010年4月の記事
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

山口俊郎先生の37回忌法要。

2017.11.24

yamaguchi37.jpg

 

明日11月25日は、養老町出身の音楽家、山口俊郎先生36回目の命日です。

先日11月22日には、山口俊郎先生顕彰会により37回忌法要が執り行われました。

 

山口俊郎先生は、養老町高田常盤町に生まれ、昭和56年に80歳で他界されるまで1000曲以上の作品を手がけた人物。

キングレコード専属の音楽家となり、多くの歌手の個性を発掘し輝かせた作曲家でした。

 

そんな山口俊郎先生のお墓には、墓石の隣に先生の言葉が刻まれた石碑が建っています。

その言葉とは「うたハ世の人にあり」。

この言葉に纏わるエピソードは見つけられなかったのですが、今なお多くの方に愛される先生の人柄に少し触れられた気がしました。

 

utahayonohitoniari.jpg

昔の教科書を展示しています。

2017.11.21

H29robikyoukasyo.jpg

 

養老町役場1階ロビーにおいて、養老町ロビーミニ展示「養老町の教科書展」を行っています。

期間は11月15日(水)から12月15日(金)です。

 

ミニ展示では、明治時代に発行された日本地理の教科書や、養老町に伝わる滝のお水がお酒になった孝子伝説が掲載された教科書などを展示しています。

 

展示している教科書のうち、養老町に関係があるページを複写した、閲覧用資料も置いておりますので、役場にお越しの際は、どうぞご覧ください。

 

岐阜県文楽・能大会なかつ川2017に、室原文楽が出演しました。

2017.11.16

H29bunrakunounakatsu.jpg

 

11月3日(金)、中津川市にて開催された「第22回岐阜県文楽・能大会なかつ川2017」に、養老町から室原文楽が出演しました。

他の出演団体に比べ、舞台や人形が小さな室原文楽の上演は、きっと多くの方の印象に残ったのではないでしょうか。

 

室原文楽の今大会上演外題は「絵本太功記 十段目 尼ヶ崎の段」。

私も特別に蛙の鳴き声だけ担当させていただいたのですが、舞台裏で蛙の鳴き声を鳴らすだけの出番だったにもかかわらず、とても緊張し、場面の雰囲気を感じる余裕は全くありませんでした。

ただ、舞台に立ち、魂を込めて人形を遣う出演者の皆さんの白熱した様子が、いつもより近い場所で感じられ、とても貴重な経験になりました。

大会関係者の皆様、当日会場にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。

 

室原文楽は、毎週木曜日(第1木曜日を除く)午後7時から、養老町の室原自治会館において練習を行っております。

もし興味を持たれた方は、お気軽に見学にお越しください。

1

▲Page TOP