養老町の歴史文化資源の発見・普及を目指して設立した当ホームページは、「私たちが暮らす養老町への関心を喚起すること」を目的に運営しています。




最新ニュース

Category
いきもの (130)
まちのうわさ (35)
周知 (426)
歴史 (27)
神様 (24)
祭り (47)
考古学 (43)
風景 (175)
養老ナビ (56)
養老町の人々 (78)
最新記事
H26マイタケ生育状況1。
養老公園の野村モミジ。
茶室にあしらわれた古代の瓦。
大垣市からの見学者。
象鼻山にヤマツツジが戻ってきました。
Archives
2017年8月の記事
2017年7月の記事
2017年5月の記事
2017年4月の記事
2017年2月の記事
2017年1月の記事
2016年12月の記事
2016年11月の記事
2016年10月の記事
2016年9月の記事
2016年8月の記事
2016年7月の記事
2016年6月の記事
2016年5月の記事
2015年10月の記事
2015年9月の記事
2015年8月の記事
2015年7月の記事
2015年6月の記事
2015年5月の記事
2015年4月の記事
2014年12月の記事
2014年10月の記事
2014年9月の記事
2014年8月の記事
2014年7月の記事
2014年6月の記事
2014年5月の記事
2014年4月の記事
2014年3月の記事
2014年2月の記事
2014年1月の記事
2013年12月の記事
2013年11月の記事
2013年10月の記事
2013年9月の記事
2013年8月の記事
2013年7月の記事
2013年6月の記事
2013年5月の記事
2013年4月の記事
2013年3月の記事
2013年2月の記事
2013年1月の記事
2012年12月の記事
2012年11月の記事
2012年10月の記事
2012年9月の記事
2012年8月の記事
2012年7月の記事
2012年6月の記事
2012年5月の記事
2012年4月の記事
2012年3月の記事
2012年2月の記事
2012年1月の記事
2011年12月の記事
2011年11月の記事
2011年10月の記事
2011年9月の記事
2011年8月の記事
2011年7月の記事
2011年6月の記事
2011年5月の記事
2011年4月の記事
2011年3月の記事
2011年2月の記事
2011年1月の記事
2010年12月の記事
2010年11月の記事
2010年10月の記事
2010年9月の記事
2010年8月の記事
2010年7月の記事
2010年6月の記事
2010年5月の記事
2010年4月の記事
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

H26マイタケ生育状況1。

2014.05.29

kinoko140529.JPG

 

2月8日に菌の接種をおこなったマイタケ原木ですが、3ヶ月半ほどで、ずいぶんと菌がまわりました。

 

中には、樹皮にまで菌がまわっていないものもありますが、まだ「伏せ込み」の工程まで2ヶ月近くあるので、たぶん大丈夫ですよね。

 

ただ、今年は去年と違い、明らかに雑菌が混入したものも・・

 

触るのも躊躇してしまうような雰囲気ですが、一方で伏せ込むと何が起きるのか好奇心が隠せない自分もいます。

 

kinokokabi140529.JPG

養老公園の野村モミジ。

2014.05.28

kouennonomuramomiji.JPG

 

5月になって、養老公園の野村モミジが見頃を迎えています。

 

ちなみに、野村モミジとは一般的な楓とは異なり、春から秋まで美しい紅葉が続くモミジのこと。

中でも、新緑に混じるこの時期は、特にその美しさが目を引きますよね。

 

そんな、野村モミジですが、実は養老山中で発見されたという説が有力。

その根拠となっているのが「織田河内守由来帳」という寛永10年(1633)の資料で、大野町史史料編にその内容が掲載されています。

 

興味のある方は、ぜひ調べてみてください。

茶室にあしらわれた古代の瓦。

2014.05.22

 

sotokoshikake.JPG

 

養老町の、近代に建てられたある茶室の調査に同行させていただいた際、茶室の一部に、遺物があしらわれているのを見つけました。

埋め込まれているため、全体の観察はできていませんが、まず間違いなく、古代の軒丸瓦と軒平瓦だと思います。

 

古代における瓦は、現代とは違って、限られた建物にしか使用されないため、過去を探る上で、貴重な手掛かりになるもの。

そのため、どうしてこのような使われ方をしているのか不思議に思い、調査担当の先生に尋ねてみたところ・・

 

近代においては、こうした遺跡で発掘された遺物を、好んで建造物の意匠に用いる例が意外に多いということを教えていただきました。

 

ちなみに、この茶室で使用されていた場所は、外腰掛と呼ばれる部分。

つまりは、古代瓦の上に座布団などを敷いて座っていたということなんでしょうね・・

大垣市からの見学者。

2014.05.21

oogakikenshuuannai.JPG

 

先週の土曜日、お隣の大垣市から、養老町の文化財の見学に来ていただくことができました。

 

ほぼ丸1日のスケジュールだったので、「象鼻山古墳群」「柏尾廃寺跡」「養老公園」の3箇所を、ご案内させていただいたのですが、いかがだったでしょうか。

いずれも、養老町を代表する歴史スポットではあるのですが、すべて山の中なので、身体的に無理をさせてしまっていないか、少し心配になりました・・

 

あと、印象的だったのが、お隣の市に住んでいるにも関わらず、「初めて訪れた」とおっしゃる方が多かったこと。

いわれてみれば、お隣でも、自治体を超えて文化財の見学に行く機会というのは、意外に少ないのかもしれませんね。

象鼻山にヤマツツジが戻ってきました。

2014.05.19

zoubisanyamatutuji.JPG

 

象鼻山にヤマツツジの花が戻ってきました。

 

私の知る限りでも、花が見られなくなってから、もう10年以上が経過していましたが、やはりシカの食害が原因だったんですね。

昨年の10月に、象鼻山整備促進協議会によって設置された獣害防止策が、早くも効果を発揮しました。

 

とはいえ、花の数はまだ少なめ。

それほど長くはもたないでしょうから、ぜひ早めに、ご覧になってみてください。

竜泉寺の阿弥陀堂跡。

2014.05.16

ryuusennjiamidadou.JPG

 

先日、竜泉寺廃寺跡内で、竜泉寺古墳より東側に広がる平坦部付近に「阿弥陀堂跡」という名称が付いていたということを知りました。

また、過去には、ここで2本の独鈷杵が発見されていたみたいです。

 

養老町教育委員会の調査でも、その辺りに中世の遺物がたくさん分布していることは確認できていましたが、独鈷杵が発見されていたという情報は全く得られていなかったので、とても驚きました。

 

この情報を踏まえ、近いうちにもう一度、現地周辺をよく確認してみようと思います。

今週末は高田祭です。

2014.05.12

H26takadamaturiyokoku.PNG5月17・18日に開催される高田祭にあわせて、「タギゾウくんの養老ナビ」にスケジュール等の情報を公開しました。

 

今のところ、天気も大丈夫そうですし、この週末は、ぜひ高田祭にお出かけください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薩摩義士顕彰會會則。

2014.05.09

 satumakaisoku.JPG

 

大正14年(1925)に設立された薩摩義士顕彰會の會則を「タギゾウくんの収蔵庫」に公開しました。

 

画像が大きいため、ダウンロードしないと文字は読めませんが、山田貞策翁が薩摩義士顕彰会を結成した目的が明快に記されているほか、薩摩義士の事績顕彰の手段として、会に演芸部を設け、浄瑠璃や講談などを活用しようとしていたことが分かる面白い資料ですので、ぜひ目を通してみてください。

養老説教場の土器片。

2014.05.08

sekkyoujoudoki.JPG

 

先日、大正14年(1925)に行われた聞き取り調査資料の中に、「説教場建設ノ際泉水ヲ穿テル時土中ヨリ古土器ノ破片現ハレタル」という一文を見つけました。

 

出土した資料の特徴は記されていなかったため、詳しいことは分かりませんが、おそらく養老説教場付近に遺跡があるんでしょうね。

これまで全く把握できていなかった情報なので、近々現地を確認してみたいと思います。

勢至寺の2つの坊。

2014.05.02

seishijinobou.jpg

 

養老町勢至の山中には、中世寺院跡が残っています。

 

この中世寺院跡、養老町史史料編に掲載されている応永22年(1415)の資料から、勢至寺と呼ばれていた可能性が高いことが分かっているのですが・・

さらに、同じ資料から、この勢至寺には少なくとも、別當坊と持宝坊という2つの坊があった可能性が高いことも指摘できています。

 

ただ、現在のところ、これらの坊が、それぞれ、現地のどのあたりにあたるのかがよく分かっていません。

 

この中世寺院跡には、少なくとも2つ以上の墓域があるようなので、そうした情報を手がかりに、もう少し、詳しく調べてみたいと思います。

往古ハ牧田川、今ハ金草川。

2014.05.01

oukohamakidagawa.jpg

 

先日、江戸時代の絵図の中に、「往古は牧田川通り 今は金草川という」と書かれた一文を見つけました。

 

養老町の地形環境を考えれば、牧田川の流路が徐々に、養老山麓から離れていったことは明らかだとは思いますが・・

 

それを、江戸時代の絵図の中で、追認できるとは思っていなかったので、とても驚きました。

 

こういった資料を目にすると、津屋川についても何か残っていないかと、つい淡い期待を膨らませてしまいますね。

1

▲Page TOP