養老町の歴史文化資源の発見・普及を目指して設立した当ホームページは、「私たちが暮らす養老町への関心を喚起すること」を目的に運営しています。



近現代

近現代は、明治維新から現在までを指します。資本主義の社会が始まり、養老町が発足した時代です。養老町でも耕地の整備や、名神高速道路の開通、養老鉄道の布設など、大規模な事業が実施され、現在の養老町につながる様々な開発がなされました。ここでは、現在の養老町をつくった近現代の人々の歴史を振り返ってみましょう。

近現代

大垣市久瀬川町の呑助連

大垣市久瀬川町の呑助連 室原文楽は、これを好きな人たちの集まりによって運営されていました。そのため、依頼されて他の地域に興行にいくこと...

詳しくはこちら

▲Page TOP