養老町の歴史文化資源の発見・普及を目指して設立した当ホームページは、「私たちが暮らす養老町への関心を喚起すること」を目的に運営しています。



縄文時代

氷河期が終わり、地球規模で温暖化に向かう中、日本列島では土器の使用開始や、磨製石器を造る技術が生まれ、縄文時代が始まった。そして、養老町では、温暖化に伴い氷河が溶け、海域が拡大したことにより、それまで人が生活していた陸地はかなりの速度で水没していく。ここでは、海とともに暮らしたであろう縄文人の歴史を振り返ってみよう。

縄文時代

獲物に命中しなかった矢

獲物に命中しなかった矢 象鼻山山頂を発掘調査すると、縄文時代の矢じりが見つかります。しかし、矢じり以外のものはありません。そのため、縄...

詳しくはこちら

▲Page TOP