養老町の歴史文化資源の発見・普及を目指して設立した当ホームページは、「私たちが暮らす養老町への関心を喚起すること」を目的に運営しています。



中世

中世は、主に平氏政権の成立から安土桃山時代までを中心とした時代です。日本において前近代最高の物流の時代であり、海運や河川水運の利用が活発に行われました。民衆は自由にその力を発揮し、養老町に多くの中世遺跡を残しています。ここでは、大河川が集中する地の利を活かし、活躍する中世人の歴史を振り返ってみましょう。

中世

多芸七坊

多芸七坊 養老町は比叡山や白山信仰、伊勢信仰といった中世を代表する宗教勢力の結節点に位置しています。また、現在でも日吉神社や白山神社が...

詳しくはこちら

▲Page TOP