養老町の歴史文化資源の発見・普及を目指して設立した当ホームページは、「私たちが暮らす養老町への関心を喚起すること」を目的に運営しています。



近世

近世は、主に江戸時代を指します。武家政権による統一支配がなされ、耕地の開発を積極的に推し進めた時代です。養老町でも、氾濫原を安定した耕地とするため、築堤を中心とした技術が重要になりました。しかし、これが河川営力による陸地の形成を妨げ、この後、養老町は輪中地帯として、長く治水問題に取り組むことになりました。ここでは、輪中とともに生きる近世人の歴史を振り返ってみましょう。

近世

濃州三湊の隆盛

濃州三湊の隆盛 江戸時代、琵琶湖と伊勢湾を結ぶ最短ルートの一部を担った烏江(からすえ)・栗笠(くりがさ)・舟付(ふなつけ)の3つの川湊...

詳しくはこちら

▲Page TOP