養老町の歴史文化資源の発見・普及を目指して設立した当ホームページは、「私たちが暮らす養老町への関心を喚起すること」を目的に運営しています。




栗笠福地神社例祭

  • ■開催場所:栗笠福地神社(養老町栗笠)
  • ■開催時期:10月第1日曜日
  • ■アクセス:養老鉄道「烏江」下車、徒歩7分
  • ■駐車場:なし
  • ■資料
    ・養老町1978『養老町史 通史編 下巻』
    ・養老町教育委員会1984『のびゆく養老町』
    ・養老町教育委員会1982『栗笠の獅子舞』

祭り一覧へ戻る

002.jpg

栗笠福地神社例祭内容

  • 養老町栗笠は「濃州三湊」の一つとして繁栄しました。この地域の氏神を祀る福地神社の例祭は、華やかである一方、しっとりとした古風な雰囲気も、今に残しています。
    栗笠祭の一番の見所は獅子舞です。舞は東にある市神神社と西にある須賀神社への「鈴の舞」の奉納から始まります。次に福地神社の拝殿にて「本乱の舞」を奉納し、そして舞台での奉納へと移ります。獅子舞の種目は「鈴の舞」から始まり、最後の「おかめの舞」まで、48種類ありますが、中でも大人の肩に子どもをのせる「おやまの道中」は見る人を圧倒します。
    獅子舞の奉納が終わり、夕方になると「でんがらがし踊り」「どじょう踊り」「白川踊り」の三種の祭り踊りを奉納します。
    獅子舞は岐阜県重要無形民俗文化財にも指定されており、わざわざ遠方から見物に来る人もいます。

▲Page TOP