養老町の歴史文化資源の発見・普及を目指して設立した当ホームページは、「私たちが暮らす養老町への関心を喚起すること」を目的に運営しています。




象鼻山古墳群(ぞうびさんこふんぐん)

  • ■場所:岐阜県養老郡養老町橋爪
  • ■時代:弥生時代から古墳時代

象鼻山古墳群は、南宮山の一支脈にあたる象鼻山(標高140m)の山頂から山麓にかけて分布する70基の墳墓群の総称です。特殊な性格をもつ象鼻山3号墳(上円下方壇)のほかに、前方後方墳1基、方墳34基、円墳33基、不明1基から構成されています。これらの墳墓の築造時期は、十分に解明されていませんが、おおよそ2世紀中頃から7世紀初頭に及ぶと考えられています。

考古学一覧へ戻る

001.jpg

参考資料

  • 養老町教育委員会 2010 『象鼻山古墳群発掘調査報告書ー第1~4次発掘調査の成果ー』養老町埋蔵文化財調査報告書第6集
  •  

▲Page TOP