養老町の歴史文化資源の発見・普及を目指して設立した当ホームページは、「私たちが暮らす養老町への関心を喚起すること」を目的に運営しています。




田中 道麿(たなか みちまろ)

  • ■出生地:養老町飯ノ木(はんのき)
  • ■時代:享保9年-天明4年(1724-1784)

田中道麿は国学者として主に万葉集の研究に取り組んだ人物です。
養老町飯ノ木に生まれ、子どもの頃から学問好きで、9歳の頃から歌を詠み始めました。しかし、暮らしは貧しく、職を求めて転々とする日々が長く続きました。しかし、そうした環境の中でも勉学の志を失わなかった田中道麿は、ついに34歳のとき、彦根において大菅中養父(おおすがのなかやぶ)への師事がかない、本格的に日本古典を学ぶようになります。その後、松阪の本居宣長らの教えもうけ、名古屋を拠点にたくさんの門人を教え、国学の研究に専念しました。
その田中道麿の努力と功績を、本居宣長は著書の中で「道麿は、自分より年長だったが、入門してきて、二度三度は松坂まで勉強しにやってきたし、普段は手紙で質疑応答を繰り返していたが、この人ももう亡くなった。だが、名古屋の日本古典の学問は、道麿の努力で始まったのである」と讃えています。
天明4年(1784)61歳で亡くなり、名古屋市の平和公園の常端寺墓地に葬られています。

郷土の先人一覧へ戻る

003.jpg

記念碑など

  • ■ 田中道麿顕彰碑(養老町飯ノ木)  ■ 田中道麿生誕の地(養老町飯ノ木)
  • ■ 田中道麿翁墓地(名古屋市平和公園常端寺墓地)

参考資料

  • ■ 養老町 1978『養老町史 通史編 下巻』
  • ■ 山口一易 2009『道麿さんの歌田中道全集解釈編一』田中道麿翁顕彰会 養老町教育委員会

▲Page TOP